So-net無料ブログ作成
検索選択
カウントダウンタイマー
風の谷のナウシカ ブログトップ
前の1件 | 次の1件

モデル [風の谷のナウシカ]

画像の説明
ナウシカのモデルとなった人物ですが、
宮崎駿監督は日本の古典文学である

堤中納言物語に登場する「虫愛づる姫君」と
言っています。(右の画像)

宮崎監督がイメージするとあんな感じになるようです。

ナウシカの名前はギリシア神話に登場する
王女ナウシカアに由来しています。


物語のモデルとなった場所は明確にされていませんが、漫画版では旧世界の産業文明が
発生した場所をユーラシア大陸の西としている。

また、宮崎監督は風の谷のイメージを「中央アジアの乾燥地帯なんです」と発言し、
腐海のモデルはウクライナ、クリミア半島のシュワージュとしている。

オーストラリアがモデルとされたこともあるが、スタジオジブリは否定している。

辺境の国々の原形として古エフタル王国と言う名前が出てくるが、歴史上の中央アジアの遊牧民にも、言語などが謎に包まれたエフタルと呼ばれる民族が存在した。

他にもいくつか噂されていますが、真相は宮崎駿監督の胸の内ということです。


・登場人物&声の出演①(メインキャラ)へ
・登場人物&声の出演②(サブキャラ)へ
・主題歌&挿入歌へ
・風の谷のナウシカ道具類へ
・風の谷のナウシカ原作へ
・風の谷のナウシカセリフ集へ
作成中(・風の谷のナウシカ画像集へ)
・風の谷のナウシカニュース一覧へ
・風の谷のナウシカグッズへ
・風の谷のナウシカ都市伝説、トリビアへ

らんきんぐ
無料で使えるブログパーツのモコモコツールズ


共用レンタルサーバーJustcc
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の1件 | 次の1件 風の谷のナウシカ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。