So-net無料ブログ作成
検索選択
カウントダウンタイマー
風の谷のナウシカ ブログトップ
前の1件 | 次の1件

道具類 [風の谷のナウシカ]

風の谷のナウシカの道具というか乗り物、武器などの紹介です。

メーヴェ

メーヴェ (Möwen) はドイツ語で「カモメ」を意味する。
エンジンを備えているが、風の流れなどを利用して滑空する方法が基本で、その推進力は上昇や高速飛行時のみに使われる。劇中では「凧」とも表現されており、ナウシカは「ガンシップは風を斬り裂くけど、メーヴェは風にのるのだもの」と述べている。
風の谷以外の国でも使用しているかは語られておらず、作中にもエンジンつきのものはナウシカが使用する1機しか登場しないが、原作でチヤルカがメーヴェの事を『エフタル人が使う凧』と語っている。
作品で確認できる限り大きさは全幅約5m、全長約1m、全高約1mほど。色は白。機体中央の上面に操縦者がつかまるための逆U字型の手すりが2つついており、漫画版では「操縦把」と呼ばれている。乗るときは操縦把を持っての立ち乗りか、操縦把の根元付近を握り、間に架かっているベルトを胸のあたりに当て、体を水平に保つ。左右の翼後縁にはエルロン・フラップのような可動翼をそなえている。翼は折り畳み可能で、貨物艇バージの翼の中に収納することができる。ロマンアルバム「風の谷のナウシカ」に掲載されているラフスケッチには重さ12kgと書かれており、人間の手で持ち上げることができる。劇中で、蟲達を静めるために光球(ひかりだま)という閃光弾の一種を散布する事ができライフルと「風使いの杖」を収納する場所がある。

風の谷のガンシップ

風の谷のガンシップは、機体前後に二つの座席を持つ2人乗りで、前席に操縦士兼射撃手、後席でエンジンの制御を行っている。乗員同士の会話は伝声管を使う。降着装置は収納式で、車輪を使って地面に降りるほか、格納用の外装をスキッドとして悪路着陸や着水をすることもできる。輸送や保管の際には主翼を折りたたむ事ができ、空中フックでメーヴェなど他の航空機を牽引する機能も持っている。
機体には尾翼が存在せず、空力的には無尾翼機の分類に入る。エンジン出力とジェット噴気量の調整によって左右の操舵をしている。機体はモノコック構造である描写がある。機首はダブル・デリンジャー銃のように、二本の砲口を上下に二つ重ねた形状になっている。
主翼にはフラップ、エルロン、エレベータを兼ねる可動翼が存在する。可動翼内部には推進装置を有しており、稼動時には左右の翼から3つずつ噴射炎や排気煙が見える。このエンジンと翼の可動翼を利用することでスラストリバーサ(逆噴射装置)としても使用でき、空中での急減速から失速させ方向転換するといった機動を可能としている。広い翼面積を利用して、低速での滑空も可能。
武装で備えられる砲弾は機首ロケットアシスト砲に2発のみとなっており、口径は約200mm。先込め式で自動装填装置などは持たない。映画劇中では、一撃でバカガラス艦首ドアを吹き飛ばして脱出したほか、2発で装甲コルベットを撃墜する破壊力を持つ。主砲左右に備えられた銃から照明弾を使用する描写もある。
装甲には王蟲の甲皮、風防にはドーム状の目を利用しており、浮砲台の砲弾に耐えうる防御力を備える。漫画版では浮砲台の砲撃の他にも、トルメキアの敗残兵に攻撃されたりヒドラにひっくり返される等色々な攻撃に晒されるが、飛行能力や戦闘能力は維持されていた。墓所と巨神兵の戦闘の爆風ではエンジンを損傷し墓所に不時着、羽の半分を失うほど大破したが、トルメキアの船と乗員の兵士が全滅したのとは対照的に、搭乗していたアスベルとミトは一命を取り留めている。最終的には墓所の崩壊と運命を共にした。
映画版ではトルメキア軍の銃撃によりスキッドを損傷し胴体着陸した末、最後は王蟲の群れに踏みつぶされて大破している。

ペジテのガンシップ

ペジテのガンシップは1人乗りで、機関砲を装備している。エンジンは胴体後部に単発ないし垂直双発で、高速かつ小回りが利く。ワインレッドに塗装されていた。
機体の主翼は、二段階の後退角が付いており、中間までは約45度、それより外側は約20度程度で、くの字型をしており、中間部分から上下に垂直尾翼(ラダー)がある。胴体と主翼が滑らかに接合されたブレンデット・ウィング・ボディーに近い構造で、両主翼の付け根に、一丁ずつ機関銃が埋め込まれている。コックピット正面に風防がある。コクピットと機関部を併せて一つの球状をしており、風の谷のガンシップに比べて小型で機動力が高い。
劇中ではトルメキアへの報復に燃えるアスベルが搭乗しトルメキアの艦隊を襲撃する。機動力を活かし、敵艦隊の弾幕を掠りもせず機関砲を浴びせて離脱する一撃離脱戦法をしかけ、大型船バカガラスを瞬く間に全艦撃墜するも、先頭の艦の艦首にナウシカを見つけ、攻撃を中止した隙をつかれ、コルベットの追撃にあい機関部を損傷、墜落した。

バージ

艀船(はしけぶね)。エンジンを持たない輸送用の船で、ガンシップなどがワイヤーで曳航する。

戦列艦(バカガラス)

トルメキア軍の大型輸送機の通称。トルメキアでは戦列艦と呼ぶ。名前の由来は日本海軍の陸上攻撃機深山(及びそれにつけられた渾名・「バカ烏」)。
機体形状はナチスドイツの輸送機Me 323 ギガントを模したと言われている。大きさは具体的には不明。主翼は広大で非常に分厚く、翼下に高出力の小型エンジン(文明時代からの遺品。ナウシカの時代では生産は不可能)を合計8発搭載している。尾翼は機体の大きさに比して極端に小さい。機体各所には無数の機銃を備え、機体下部には大重量に耐える多数の車輪が固定されている。機体内部の貨物室は広く映画版ではここから戦車数両や装甲歩兵部隊、鹵獲した風の谷のガンシップを搭載している。漫画版では戦車の代わりに装甲兵と馬が搭載される。
風の谷を襲撃した際に風車をなぎ倒すなど派手に登場したが、腐海上空の戦闘でペジテのガンシップによりクシャナ搭乗機を含めて全機を撃墜された。機銃の一射で炎上爆発したり、爆発で近くの機まで誘爆して爆散、その破片が他の機にあたって墜落、さらにその破片が・・・・・・するなど防御面での脆弱さをみせ、ミトに「脆い船」と評されている。

装甲コルベット

序盤にクシャナ率いる艦隊の護衛機として登場している点は漫画版と共通ながら、クシャナは搭乗せず旗艦としては扱われていないのが大きな違いとなっている。また兵隊も装甲兵ではなく軽装の強襲兵で、風の谷を急襲した際は後部の開口部から城に兵士が乗り移るなど、強襲揚陸艦の様な働きもした。
中盤でペジテのガンシップと交戦した際は機動性に劣るのか苦戦(漫画版と異なりクロトワは搭乗していない)、バカガラス内の装甲兵を苛立たせている。最終的にはアスペルがナウシカに気を取られた隙にロケット砲で撃墜するものの、艦隊のバカガラスは全滅してしまった。
物語後半では単機で作戦行動をとり、遭遇したペジテのブリックに砲撃を加えたり雲に押し付けたりするなどの攻撃を行い、後部開口部からロープ伝いに兵士を乗り移らせてブリックの接収を試みた。またブリックからメーヴェで脱出したナウシカを追い回す。しかし風の谷のガンシップと遭遇、真正面から砲弾を翼の付け根に受けて爆発炎上し、空中分解、搭乗員ほぼ全員が地上に叩けつけられて死亡した。

ブリック

貨物船。映画版ではペジテの生き残りが使用。漫画版では対土鬼戦争に参戦した辺境諸国の機体や、蟲使いの所有する機体などが登場する。

飛行ガメ(飛行ポット)

土鬼の小型偵察機。高さ2m、直径1mほどの甕の形状をし、浮遊しながら移動する。側面にロケット砲、上部に機銃を備える。
映画版ではペジテが運用している。

瘴気マスク


腐海の瘴気を防ぐ防毒マスクで、ある種の水草から作られる活性炭で防ぐ構造となっている。形状は様々だが、いずれも鼻から口を覆う形で装着する。緊急時に使用する簡易マスクと、マスクを装着したまま飲料水が飲めて、長期間の使用に耐える重マスクの2種類がある。ナウシカたちのしているマスクとアスベルのしているマスクである。

セラミック刀

ナウシカの持つ刀剣。最初の場面で王蟲の抜け殻を硬さを調べようとしたところ
欠けてしまった。それにちなみ王蟲の抜け殻はいろいろな道具作りに使われている。

・登場人物&声の出演①(メインキャラ)へ
・登場人物&声の出演②(サブキャラ)へ
・主題歌&挿入歌へ
・風の谷のナウシカ原作へ
・風の谷のナウシカモデルへ
・風の谷のナウシカセリフ集へ
作成中(・風の谷のナウシカ画像集へ)
・風の谷のナウシカニュース一覧へ
・風の谷のナウシカグッズへ
・風の谷のナウシカ都市伝説、トリビアへ

らんきんぐ
無料で使えるブログパーツのモコモコツールズ
共用レンタルサーバーJustcc
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画
前の1件 | 次の1件 風の谷のナウシカ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。